プロ集団の仲間入り|税理士に対する求人は常に一定数を保っている

経営相談サービス

女性

大阪にはたくさんの中小企業がありますが、中小企業経営者が頼れるビジネスパートナーが欲しいと考えている場合は、信頼できる税理士と顧問契約を結ぶようにするとよいです。豊富な税務業務実績を有する税理士は、経営に関する実践的な知識を豊富に有しています。

詳細を確認する...

夫婦が別れる場合

夫婦

離婚する際には、子供の養育問題や慰謝料、年金分割など、様々なことを夫婦で話し合って決める必要があります。しかし、それらの話し合いがスムーズにまとまるケースは非常に稀です。大阪在住の人が離婚問題で困っている場合は、弁護士のサポートを受けるようにした方がよいです。

詳細を確認する...

節税対策のために

法律

相続で家族や親類同士が揉めることがあります。ですから早めのうちに遺言書や、節税などの対策を行っていくようにしましょう。大田区にはそうした弁護士や行政書士などがいるので探してみて依頼をするとベストでしょう。

詳細を確認する...

士業への転職

税金のプロ

税理士

景気の動向に左右されない安定的な職業に転職したいと考える人がたくさんいます。今は有名な大企業でも倒産する時代ですから、大会社に就職することさえできれば将来は安泰だなどと考えることはできません。景気の波に左右されない仕事に就くためには、何らかの資格を取得する必要があります。それも、できるだけ難易度が高い資格が有効です。現在、転職希望者の間で注目されているのは、税金のプロである税理士資格です。経理・会計業務のプロ資格としては公認会計士の資格もありますが、公認会計士は求人数が減っているため、苦労して資格を取っても、その努力が報われない可能性が高いです。でも、税理士に対する求人は常に一定数が保たれていますので、狙い目の資格であると言われています。プロ集団の仲間入りを果たし、活躍しましょう。

今後の転職動向

税理士業界は、他の士業に比べて平均年齢がグッと高くなっていることで知られています。なぜそうなっているのかというと、税務署を定年退職した人が税理士事務所を開くケースがとても多くなっているためです。税務署で国税業務を一定期間以上取り扱っていた人は、国家試験を受けずに税理士資格を取れる仕組みになっています。そのため、定年後に事務所を開設する人がたくさんいるのですが、若手の税理士が常に不足しています。したがって、30代位までの若年層に対する求人数がかなり多めになっています。また、後継者難に陥っている税理士事務所もたくさんあります。事務所後継者を求める求人は今後増加する一方だろうと考えられていますので、税理士資格の取得を目指すことは賢い選択だと言うことができます。